院長コラム

  • HOME
  • 院長コラム

No.58 ものの価値は値段から

2020年02月19日

買い物に行きます。「こっちのお肉は100g 150円、こっちのお肉は100g 800円、じゃあ100g 800円のお肉のほうが良いお肉ね」と思います。なぜか。それは自分ではお肉の良し悪しを見極めることができないから。

車を買いに行ったとします。こちらの車は100万、こちらの車は1000万。だったら1000万円の車のほうが良い車だ、と我々は思います。だって車の性能なんてむずかしくてわかりませんから。

つまり我々は、誰か他の人がつけた値段によって、そのものの価値を判断しています。

世界保健機構WHOが2000年に出した医療健康達成度で、日本は世界1位です。これに対しイギリスは9位、アメリカは15位です。また、国際的評価の高い医学雑誌「Lancet」の2017年の論文でも、世界の195カ国の医療レベルを比較し、日本は11位と評価されています。ちなみにイギリスが30位、アメリカは35位です。1位のアンドラ公国は人口7万人、2位のアイスランドは33万人と人口が大変少なく、同率4位が6カ国あるので、この11位という評価は高く、先進7カ国の中では1位です。しかしそれにも関わらず、日本国民の日本医療に対する満足度は低いのです。

それはなぜか。その理由の一つは医療の値段を下げたことによって医療の価値を下げたからではないでしょうか。日本の大腸内視鏡の検査費用が2万5000円というのは、先進諸国の間では最安値です。2013年6月のニューヨーク・タイムズの記事によると、「最近ニューヨーク・タイムズ紙が大腸の内視鏡検査でいくら請求されたかを取材した結果を報道したところによれば、ニューヨークのある病院では6385ドル、ニューヨークの他の病院では9142.84ドル、ニューハンプシャー州の病院では7563ドル、ノースキャロライナの病院ではポリープの切除も含めて1万9438ドルであったという。」とありました。さすがに大腸ポリープを取ってもらって200万円は払えません、車一台買えますものね。勿論実際に支払う金額は其々が加入している保険によって違うのですが、その保険に入れない人もたくさんいるのです。ちなみに、上の方たちは保険を使っても3500ドル以上の支払額だったそうです。

我々は全てのものに価値をつける目を持ちえませんから、他の人がつけてくれた値段で価値を判断するしかありません。ですから、値段をつけると言うことは大変責任がある事なのです。いろんなものの値段、それは卵だったり、牛乳だったり、食パンだったり。郵便料金だったり、ブランドのバッグだったり、動物園の入園料だったり。それらの値段についてもう一度考えてみたいものです。

そして、できれば、それらのつけられた値段が妥当であるかどうか考える知識と目を持ちたいと思います。

 

 

コラム一覧

北大阪メディカルクリニック 内科・自由診療専用ページ

交通アクセス Access

〒564-0063
大阪府吹田市江坂町5-14-13

  • 北大阪急行(地下鉄御堂筋線直結)「緑地公園」駅下車 徒歩10分
  • 駐車場あり 約10台収容

交通アクセス詳細

CLINIC INFO

北大阪メディカルクリニック

〒564-0063
大阪府吹田市江坂町5-14-13

交通アクセス

  • 北大阪急行(地下鉄御堂筋線直結)
    「緑地公園」駅下車 徒歩10分
  • 駐車場あり 約10台収容
このページの先頭へ
  • 資料請求
  • 問い合わせ